FREETEL MAGAZINE

2015/07/23 (Simple / 使い方FREETEL SIM・料金プラン)

Simpleを海外でつかってみた

みなさまお世話になっております。

Simpleとは というブログをご覧になられた方はそこにたけのこの里やら

魚肉ソーセージやらが写っていたのをご記憶かもしれません。

ただいま夜の9時45分。自然と私の夕飯はギョニソー(魚肉ソーセージ)になりました笑

あ、ちなみにきのこの山をさがしにコンビニに行ったとき、「カレーがもっとおいしくなる本」というのを見かけたので思わず買ってしまいました。

さて、今回はSimpleを海外で使ってみたというお題でございます。

この数日海外出張がありましたのでそのときに空港で現地のSIMを挿しSimpleを使いました。

その御報告になります。

 

ちなみにここでのブログは

「海外にきた!」

「日本から電話がかかってくるので、日本の携帯の電話番号はそのまま待ち受けとして海外でも使いたい!」 (待ち受けにしているだけなので海外でも0円です!)

「でも現地で電話するときに、日本のSIMだとお金が高いから現地のSIMを使いたい!」

という人にはこのブログはぴったりです。

 

私は

-海外にいても、日本の方から電話がありますので、日本の電話番号はOn(待ち受け状態)にしておきたいと思っています。

-でも海外で電話をかける用事もかなり多いので、その対策も考えなければなりません。

 

以前、海外に日本の携帯電話を持っていくととっても高い請求が来て泣き崩れたことがあります。

それは日本で契約した携帯電話(SIM)なのに、海外でインターネットを使ってしまったから、

そして日本で契約した携帯電話(SIM)なのに、海外で電話をかけてしまったからです

<それに対してSimpleは>

-Simpleはインターネットにつながらないので、勝手にインターネットの高い料金を請求されることがありません。

-日本の番号は海外でも「待ちうけ」にしているだけなら0円です。

→これで日本のお客様や友人、家族からの電話を逃すことが無いのでとても気が楽です。

もちろん日本からかけている人は国際通話になってしまうので、社内からの電話なら出ますが、

それ以外の方からの電話のときは

-電話は短く切るか、

-SMS(ショートメール)で「ごめんなさい!今海外ですー!!」などと送るようにしています。

-なお、ホテルへの連絡とか、一緒に旅行に行った友達との連絡などで、現地で電話をする

ことは結構ありますよね。その場合は、日本のSIMを使って電話をかけてしまうととても高い

ので、海外に出張の際は現地のプリペイドのSIMを現地の空港でまず間違い無く

売っているので、私はそれを購入します。

(なお、時には、現地のプリペイドのSIMカードの利用開始のためにパスワードなどを打ち込む必要があるものもありますが、それは現地のSIMのパッケージに書いてありますのでそれに従ってくださいませ。)

 

そうか、なるほどなるほどと思っていただけたら幸いです。

あ、でもだめ!SIMなんてよくわからないしという方、ご安心ください。

もうすでに皆さん大体、SIMについていろいろと造詣が深くなっていると思います笑

日本ではあまり触らないですが、海外では携帯電話は携帯電話、SIMはSIMで好きに選べることが多いので海外の方はSIMの扱いには慣れたものです。

でもSIMの扱いといったって、利用開始をして携帯電話に差し込むだけですから、

たいしたことはございません。

ですので、このあたりですでにみなさまSIMに対してエキスパート状態に近づいているのです。

 

あとはSIMを差し込むだけです。

Simpleの裏ブタをはずしましょう。

SIM7

Simpleの背面をみてください。この左下の部分(赤丸)につめを入れるばしょがありますので、

つめをいれて裏ブタを引っぺがす要領です。

SIM8

はい、パカっとあきました!!!!!!

裏ブタをとると、今度は電池がでてきます。

この電池をはずしましょう。

この赤丸のところにもつめを入れれるようになっています。

Sim6

そこにつめを入れて。。。。。

こんな要領です。

 

SIM9

はい!!!!!!!電池もとれました。

 

そうすると背面はこのようになっています。

日本でSimpleをご利用になっているかたは、この向かって右側のSIMスロット1に

SIMをさしていらっしゃいますよね。

 

Sim4

 

ここは海外です。

 

えー、いまおれ新橋だけどー とかおっしゃらないでください。

いまみなさまは海外の空港に到着し、現地のプリペイドSIMを購入した後なのです。

まだ空港内にいらっしゃいますよ。

バスやタクシー、電車に乗る前です。到着したばっかり、はやる気持ちを抑えていまSimpleの

カバーをはずしたわけです。

日本のSIMはそのままにして、

もうひとつのSIMカードスロットに現地のSIMを差し込んでください。

 

あわてず、向きだけに気をつけて差し込んでください

要は表と裏がありますからねー(どっちが表というのかはわかりませんが笑)

SIM11

片面に金属部分があるんですね。

Simpleには、上図の向かって右側、要は、SIMの金属部分が向こう側になるようにしてさしていきます。

また上図をみていただけると、SIMカードは一箇所、角が取れています。

Simpleには、

「金属部分が向こう側」でかつ、「右下の角が取れている」という向きでさしていきます。

こんなかんじで、SiMスロットの下のほうから差し入れてください

10008

奥まで押し込んで。。。。。

10009

はい、はいりましたね!

SIMの向きにはご注意くださいませ。金属部分が向こう側、そして角が切れているところが

右下です!

おくまでぐっと入れたら、電池をつけましょう。

電池の向きも確認してみましょうか。

SIM14

電池をよーくみてみると、一箇所、こうした金属部分があります(上図の赤丸)。

これを下図の赤丸の金属部分とくっつけるんですね。

SIM13

ですのでこういう感じでさしこみいれる形になります。

SIM15

電池をいれたら、裏ブタをぱちぱちとつけていきます。

裏ブタがついたらSimpleの表面をむけて、電源を入れましょう。

以下の赤枠のボタンを長く押します。

chakushin46

電源をいれたら画面が立ち上がりましたね。よーく画面を見てみてください。

はい、この画面になったと思います。

100011

 

SIMを選択してくださいという画面です。

たとえばSIM1に日本のSIMをいれていて、SIM2に現地のSIMを入れている場合、

1)日本のSIMだけ使いたい! という方は(あまりいないと思いますが)下に進むボタンをおしてSIM1のみを開くが四角で囲われるようにしてください。

2)現地のSIMだけ使いたい!という方は下に進むボタンを2回おしてSIM2のみを開くが四角で囲われるようにしてください。

3)このブログで書いてきたように、日本のSIMも待ち受けにして、現地のSIMも使いたいというかたはこの画面にあるように「デュアルSIMを開く」が四角で囲われるようにしてください。

希望するものが四角で囲われたらOKボタンを押します。

これですね。

chakushin8

ここではわたしは日本のSIMも現地のSIMも両方使いたいので「デュアルSIMを開く」を選択し、OKを押しました。

そうすると。。。。。

こういう風に左上に。。。

100010

はい、アンテナが二つたちました!!!!

これで日本の電話番号は待ちうけ状態になりますので日本からの電話を逃さず電話が取れますねー。

そして現地のSIMが入ったので、現地では現地のSIMを使って通話ができるのです。

うーん、簡単!便利!

(上述しましたが、現地プリペイドSIMは、利用開始のためにパスワードなどを入れるのがあります。パッケージに利用開始方法がまず載っていますので参考になさってくださいませ)

 

<海外で電話をかけるとき>

はい、これで海外でSIMが二枚ささりましたね。

でも、電話をかけるときに、現地のSIMでかけたいのに間違えて日本のSIMでかけては一大事です。その方法を簡単に紹介します。

方法は簡単で、

日本のSIMはSIMスロットの1なのか、2なのか、

現地のSIMはSIMスロットの1なのか、2なのか

これだけ覚えて置いてください。

 

SIMスロットー???という方は下の図を見てください。

Sim4

向かって「右側」がSIMスロット1です。「左側」がSIMスロット2です。

 

先ほどのアンテナで言うと、今度は向かって「左側」がSIMスロット1、

向かって「右側」がSIMスロット2に対応しています。

アンテナに1、とか2 と書いてありますがそれがSIMスロットの番号のことなんですね。

100010

 

はい、それでは電話をしましょう。

電話番号をいれて電話かけるボタンを押します。

電話かけるボタンはこの下図の左下のボタンです。

Simple18

すると画面にご注目くださいませ。

100012

SIM1で電話をするのか、SIM2で電話をするのか選択できます。

正しいのを選択したらまたOKボタンをおせば正しいSIMを使って電話をかけることができます。

 

なお、SimpleはSMS(ショートメール)もご利用いただけます。

SMSを送るときは、この画面が出てくるので、ただしいSIMを選択して送付してください。

100013

 

海外での使用方法を簡単にお伝えしました。

あとは日本で使うのと同じですから、みなさま海外でもぜひSimpleをお試しいただければと思います。

 

それではこのブログはこのへんで。

 

プラスワン代表 増田

 

ご質問はFREETELカスタマーサポートが早くて便利です!

製品の仕様や気になりました点は、FREETELカスタマーサポートまで遠慮なくお問い合わせください。

電話でもメールでもお問い合わせを受け付けております!

(ブログでの回答よりはやいですのでぜひFREETELカスタマーサポートまでお願いいたします)

また、メルマガにて最新情報をお届けしております。
ご登録くださいませ★

https://www.freetel.jp/mailmagagine/

<お問い合わせ先>

プラスワン・マーケティング株式会社 FREETELカスタマーサポート

【お電話によるお問い合わせはこちら】

0120-530-518

(携帯電話・PHSからは03-6833-8819におかけください)

※受付時間:9:00-18:00(月曜日~日曜日・祝日)

【メールによるお問い合わせはこちら】

help@freetel.jp

※メールでのお問合せは受付後、順次ご返信いたします。

「Simpleを海外でつかってみた」への2件のフィードバック

  1. FREETEL SIMとの使用を考えているのですが、データ通信をしない(100MBコース)で使えると思っていいですか?
    また、発売時に一緒に購入/契約すれば割引、などは企画されていませんか…?

コメントは停止中です。